トップページへ     メルマガの案内へ

18世紀末のリボルノ  ブリタニカ百科辞典(1790年版)のリボルノ(Leghorn)の項
古代はLiburnus Portusと呼ばれていたが現代(1790年)のイタリア人にはLivornoと呼ばれている。 イタリア・トスカーナ地方の公国内の美しい町。 フィレンツエの30マイル南西, ピサ領内の自由港。 の唯一の欠点は浅瀬のため大型船には不向きであること。

コズモ1世がサルザナと交換にジェノバより手に入れたがこれは公国の唯一の港である。その当時はみずぼらしい不健康な土地であったが今は非常に美しく広い道路が直線に平行して走るしっかりした造りの町になった。 また町は要塞で守られている。 しかし水が不足しておりは14マイル離れたピサから引いている。
 貯水場


周囲2マイルの正方形の形をした町で運河で結ばれている地域もある。 運河の一つは長さ5マイルでアルノ川と結ばれており物品・乗客はピサへ運搬できる。



港は2つの錨地があり一つは公爵のガレー船用,もうひとつは商船用である。


長さ1マイル半以上の二重の防波堤に囲まれていて二つの町とともに城と12の堡塁によって守られている。


ローマカトリック,ユダヤ人, ギリシャ人,アルメニア人,イスラム教徒さらにイギリスの在外商館は公に自分たちの宗教活動を行っている。 プロテスタントは私的な活動で満足せざるをえない。


貿易が盛んでほとんどユダヤ人によってなされる。 輸出輸入,大小にかかわらず梱包一つあたりわずか2ピアスラまたはスクード支払うが大陸から町にもたらされる食料や物品への課税は重い。


人口は45,000人と言われており,これらの1/3はユダヤ人で,特定の区画に住んでいるが他の地域と区別する特徴はない。 すばらしいシナゴーグが1社ある。 珊瑚製造に従事し,かなり商取引があり町の主な財産を所有している。 
駐屯兵は2000人である。

城壁の歩道は気持ちよい。 沖の停泊地は良好だが停泊する船は天候と北アフリカの海賊への危険にさらされる。


リボルノのイギリス人家族は36戸ほどである。 政府から好意的な扱いを受けており商売もうまく行っている。

宗教裁判所の及ぶ範囲は聖教者とローマ・カトリック教徒に限られている。


公爵のガレー船によって連行されたかなり多くのトルコ人の奴隷がおり北アフリカの海賊に対する巡回に出されることがある。


灯台は海上の岩の上にある。 その近くに検疫所がありここで検疫がなされる。



公爵が得るもう一つの財源はブランディ,タバコ,そして塩の独占であるが,重税のため食料の値段は高い。


奴隷でないトルコ人はユダヤ人街近くの特別の区画に暮らしている。売春婦も割り当てられた特定の場所に住んでいて無断では出られない。
ガレー船のこぎ手はトルコ人奴隷,犯罪者,志願者を問わず2000人ほどである。


船溜まりの前には足かせをされたブロンズでできたトルコ人奴隷4人を従えたすばらしいフェルディナンド公爵の像がある。




公国の宮殿は町で最もすばらしい建造物の一つであり知事の通常の住まいになっている。 リボルノは司教の地位管区で壮大な寺院があるが他の教会に見るべきものはない。


原文
LEGHORN, anciently called Liburnus Portus but by the modern Italians Livorno, a handsome town of Italy, in the duchy of Tuscany, and a free port, about 30 miles south west from Florence, in the territory of Pisa.
The only defect of the harbour is its being too shallow for large ships.
Cosmo I. had this town in exchange for Sarzana, from the Genoese; and it is the only sea-port in the duchy.
It was then but a mean unhealthy place; but is now very handsome, and well-built, with broad, straight, parallel streets. It is also well fortified; but wants good water, which must be brought from Pisa, 14 miles distant.
It is about 2 miles in circuit, and the general form of it is square. Part of it has the convenience of canals; one of which is 5 miles in length, and, joining the Arno, merchandise and passengers are thus conveyed to Pisa.
The port, consisting of two havens, one for the duke's galleys, and the other for merchant ships, is surrounded with a double mole, above a mile and a half in length, and defended, together with the town, by a good citadel and 12 forts.
Roman Catholics, Jews, Greeks, Armenians, Mahometans, and even the English factory, are indulged in the public exercise of their religion; but other Protestants must be satisfied with the private.
The trade carried on here is very great, and most of it passes through the hands of the Jews. Though only two piastres, or scudi, are paid for every bale, great or small, imported or exported, yet the duties on all provisions and commodities brought from the continent to the town are very heavy.
The number of the inhabitants is said to be about 45,000; and one third of these are Jews, who live in a particular quarter, but without any mark of distinction, and have a fine synagogue. They have engrossed the coral manufactory, have a considerable trade, and possess the chief riches of the place. The garrison consists of 2000 men.
The walks on the ramparts are very agreeable. There is good anchorage in the road; but ships riding there are much exposed to the weather and the Barbary corsairs.
The number of English families in Leghorn are about 36; they are much favoured by the government, and carry on a good trade. The power of the inquisition is limited to ecclesiastical matters and Roman Catholics. There are a great many Turkish slaves here, brought in by the duke's galleys, who are often sent out on a cruize against the corsairs of Barbary.
The lighthouse stands on a rock in the sea; near which is the Lazaretto, where quarantine is performed. Another source, from which the duke draws a great revenue, is the monopoly of brandy, tobacco, and salt; but that, with the heavy duties, makes provisions dear.
The Turks, who are not slaves, live in a particular quarter, near that of the Jews. The common prostitutes also have a particular place assigned to them, out of which they must not be seen, without leave from the commissary.
The number of the rowers in the galleys, whether Turkish slaves, criminals, or volunteers, are about 2000. In the area before the darsena or inner harbour, is a fine statue of Duke Ferdinand, with four Turkish slaves, in bronze, chained to the pedestal.
The ducal palace is one of the finest structures in the town, and the ordinary residence of the governor. Leghorn is the see of a bishop, and has a noble cathedral; but the other churches are not remarkable.