前のページへ

各個人についてラロー氏(Lareau)のバウンティ号のサイト(英語)に詳細があります。

バウンティ号の乗組員
名前(階級・仕事 事件当時の年齢) 
緑色=ブライとともにランチ船に乗り帰国。
薄灰色=反乱者(タヒチに残る)
濃灰色=反乱者(ピトケリアンに移住)
         備  考
ピンク色=ハッピーエンドの乗組員
BLIGH, William (海尉艦長 33)
FRYER, John (航海長 33)
COLE, William (掌帆長)
PECKOVER, William (掌砲長 40)
CHRISTIAN, Fletcher (航海士 23) タヒチ人に殺される。
ELPHINSTONE, William (航海士 36) 帰路病死。
HALLETT, John (士官候補生 15) 帰国後パンドラ号で護送の任務。
HAYWARD, Thomas (士官候補生 20) 帰国後パンドラ号で護送の任務。
HEYWOOD, Peter (士官候補生 15) 恩赦で処刑を免れる。
YOUNG, Edward (士官候補生 21) 喘息で病死。
TINKLER, Robert (士官候補生 15)
STEWART, George (士官候補生 21) パンドラ号で遭難死。
HUGGAN, John (軍医) 事件前に死亡。
PURCELL, William (船匠)
NORMAN, Charles (船匠 26) 放免。
McINTOSH, Thomas (船匠 28) 放免。
LEDWARD, Thomas Denman (軍医助手)
LINKLATER, Peter (先任操舵兵曹 30) 帰路病死。
NORTON, John (先任操舵兵曹 34) トフォア島で現地人に殺される。
SIMPSON, George (操舵兵曹 27)
MORRISON, James (掌帆兵曹 27) 恩赦で処刑を免れる。
MILLS, John (掌砲兵曹 38) タヒチ人に殺される。
CHURCHILL, Charles (衛兵伍長 28) THOMPSONに殺される。
HALL, Thomas (司厨長 38) 帰路病死。
ADAMS, John (上等水兵 20) ピトケリアンで生活(1829年死亡)
BURKITT, Thomas (上等水兵 25) 軍事裁判で処刑。
ELLISON, Thomas (上等水兵 17) 軍事裁判で処刑。
MARTIN, Isaac (上等水兵 30) タヒチ人に殺される。
McCOY, William (上等水兵 25) 崖から投身自殺。
MILLWARD, John (上等水兵 21) 軍事裁判で処刑。
QUINTAL, Matthew (上等水兵 21) YOUNG とADAMSに殺される。
SUMNER, John (上等水兵 22) パンドラ号で遭難死。
THOMPSON, Matthew (上等水兵 37) CHURCHILを殺害した後殺される。
VALENTINE, James (上等水兵 ) 事件前に死亡。
LeBOGUE, Lawrence (縫帆員 39)
COLEMAN, Joseph (武器係 36) 放免。
WILLIAMS, John (武器係助手 26) タヒチ人に殺される。
HILLBRANT, Henry (樽係 24) パンドラ号で遭難死。
SMITH, John (主計長助手 36)
SAMUEL, John (書記 26)
NELSON, David (植物学者)
BROWN, William (庭師 27) タヒチ人に殺される。
LAMB, Robert (肉屋 21)
SKINNER, Richard (床屋 22) パンドラ号で遭難死。
MUSPRATT, William (仕立て屋 27) 恩赦で処刑を免れる。
BYRNE, Michael (バイオリン弾き 28) 放免。

前のページへ