『ウェールズ語はおもしろい』トップページ       フィードバック   eigo21トップページへ    

世界で一番長い駅名とその意味

 ウェールズ語トップページ+文法 ウェールズ語学書レビュー  ウェールズ辞書レビュー  BBC放送のウェールズ語テレビ講座 BBC放送のウェールズ語ラジオ講座 英語対訳による学習法 英語と同じ綴りの語 発音と綴り 数詞 世界で一番長い駅名とその意味 ウェールズ語のおかしな看板 ウェールズ語学習者向けサイドリーダの紹介 ウェールズ語学習者向けサイドリーダの紹介2 『ウェールズの昔話』


イギリスで一番長い地名はウェールズ北部アングルシー(Anglesey)島にある村の Llanfairpwllgwyngyllgogerychwyrndrobwllllantysiliogogogoch 。 これは世界で一番長い駅名ということでも有名です。 あまりにも長いので通常は略して Llanfairpwllgywngyll 。 さらに略して Llanfair PG と言っているようです。

 
ウェールズ語独特の -ll- が5つもあって日本語でどう表記したらいいのかわかりません。 
この -ll- は -l- を息を思い切り出して発音します。 「リュ」というよりは「シュ」に近く聞こえます。  
Wikipedia に実際の発音のファイルがあります。 ページの中ほどから下の Pronunciation をクリックしてください。


Llanfair pwllgwyn gyllgogery chwyrndrobwll llantysilio gogogoch
シャンヴァイル  プシュグイン  ギシュゴゲル  フェールンドロブシュ  シャンティシロ  ゴゴゴッホ
みたいな感じでしょうか?


                   



この長い地名が何を意味するのでしょうか。  


せっかくウェールズ語の辞書も手に入れたし, この長い地名の意味を辞書上で調べてみました。 これは以下のように分解することができます。
Llan / fair / pwll / gwyn / gyll / go / ger / y / chwyrn / drobwll / llan / tysilio / go / go / goch


それぞれの単語の意味を書くと
llan   教会
fair   マリア (Mair が軟音化した形 )
pwll    くぼ地, 水溜り, 池, 淵 (下記注釈参照)
gwyn  白い
gyll  ハシバミの木 (cyll が軟音化した形 )
go  (?)
ger  〜近く
y   定冠詞
chwyrn   急速な
drobwll   渦(trobwll が軟音化した形 )
llan   教会
Tysilio   ティシリオ (ウェールズの主教・王子)
go (?)
go  洞穴( ogof の変形)
goch  赤い (coch が軟音化した形)


現代ウェールズ語は格変化がなく修飾語を被修飾語のうしろに置くだけです。 この地名も名詞と形容詞をただ並べただけなのでどういう意味なのかはっきりしません。 ウェッブ上にある英語訳はSt. Mary's Church in the hollow of white hazel near a rapid whirlpool and the Church of St. Tysilio near the red cave.「流れの速い渦近くの, 白いハシバミの木の生えているくぼ地にある聖マリア教会と, 赤い洞窟近くの聖ティシリオ教会」となっていますが, Teach Yourself Welsh (Julie Brake/ Christine Jones)は The church of St Mary in the white hazel pool very near the fierce whirlpool in the parish of St Tysilio of the red cave 「赤い洞窟の聖ティシリオ教会区にある激しい渦のごく近くの白いハシバミの池の中の聖マリア教会」としています。


pwll をネットの訳(訳者不明)では hollow ,   Julie Brake/ Christine Jones は pool としています。 ウェールズ語英語辞書では pwll は pit, pool, pond となっています。  hollow は「木の洞」と「くぼ地」pit は「くぼ地」「穴」, pool は「水溜り, 池, 川などの淀み,淵」の意味があります。 池の中に教会があるというのは不自然なので Julie Brake/ Christine Jones の訳は疑問に思うのですが― さて正確な訳はどうなのでしょうか。


                   




(注) このコンテンツの作成者はウェールズ語の独学者であり専門家ではありません。