eigo21トップページへ      

英語慣用句アルファベット順索引
アーカイブス(単語) アーカイブス(慣用句)
音声ファイルがいっぱい! ひとことENGLISH
英語以外の外国語引用索引(主に単語) 
英語以外の外国語引用索引(主に慣用句)
サイト内検索
.土日の更新はしばらく休みます。
z096 (09月09日) 衣類を使う慣用句(4)


by the seat of one's pants 「勘や経験で」


直訳: 自分のズポンの尻の部分を使って
例文: Nobody has taught him about store management. He is just running his food store by the seat of his pants.
彼は誰からも店の経営について教えてもらったことはない。 自分の勘と経験で食料品店を経営しているだけである。





the seat of the pants を「パンツの席」とか「パンツのシート」と訳しては何のことだかわかりません。 この seat は「パンツなどの尻の部分」のこと。 ついでながら「席」にあたる語に「尻」の意味があるのは英語に限らず,  フランス語(siege),  イタリア語(sedere), ドイツ語(Sitz), デンマーク語(sæde)などもそれぞれカッコの語は「席」という第一義の他に, 「尻」の意味が辞書に見えます。 ただこれらの語の使用域はまちまちで, 例えば英語の seat が「尻」の意味になるのは文章語であるのに対し, イタリア語の sedere は「尻」を表す語がいくつかある中で最も日常的な普通の語のようです。 


この慣用句の文献初出は1942年の第2次世界大戦中で, 戦闘機のパイロットが計器類だけでなく尻に伝わる振動やバランス感覚のようなものも操縦の手助けにしたことに由来すると言われています。 したがって最も多いコロケーションは fly by the seat of one's pants で「勘や経験で判断・処理・決断する」という意味合いになります。