eigo21トップページ  このコンテンツのトップページへ   フィードバック        



イタリア語をインターネットで学ぶ方法 
Impariamo l'italiano in rete

 イタリア語の勉強に役立つサイト(1)
イタリア語の音声がたくさん聞けるサイト案内はこちら


外国語の勉強は, 文法が一通り終えたら, あとはただひたすら辞書を引き引き文章を読み, ボキャブラリー(イタリア語風に言えばボカボラリオ,ですか)を増やす日々が続きます。 


イタリアへ旅行に行ってちょっと用を足す程度の知識なら, 店頭に並んでいる会話書を買って勉強すればいいでしょう。 
が, 私としては,ストリーミング放送のラジオやテレビも楽しめるようになりたいし, できたら通訳ガイドの試験とか受けてみたいし(英語の通訳ガイドの免許は持っているのです。 肝心の通訳ガイドはしたことないし, する気もないのですが), そんな大それたことを目標にしなくても, ボケ防止のためにイタリア語のように精神的にハイになれそうな言語はいいんじゃないかと思いヒマがあればイタリア語のサイトを覗いています。


そんな私がお気に入りに登録しているイタリア語のサイトをここで紹介したいと思います。
これからもしばしば更新して増やして行くつもりですが, もしこのページをごらんの方でおもしろい,役立つイタリア語サイトをご存知でしたらお知らせ下さい。



                


■ イタリア語勉強系サイト
MATDID

イタリア語の文章と問題がたくさんあるサイト。 15日ごとに更新しています。 
Matdid とは Materiali didattici per l'insegnamento dell'italiano agli stranieri (外国人にイタリア語を教授するための教材)の略のようです。 だから本来教える側のためのサイトらしいですが, 教わる側が読んだところでも同じことでしょう。
もともとイタリア人のためのサイトなので本文はもちろん, 文章の導入部も問題も説明も, すべてイタリア語です。 そのせいで,ネイティブの先生によるイタリア語の読解の授業を受けているようなそんな気にさせてくれるサイトです。
Elementare(初級), Intermedio(中級), Advanzato(上級)の別に分けられているので自分の学力に合わせられますが, 初級でもレベルは高いという気がします。 
読解のあとには問題もついています。 本文に穴が空いていて前置詞を入れる問題なんて, 学校の定期テストの英語を思い浮かばせます。
ところでトップページの右に見えるおじいさん, 何者なのでしょう? どこかに書いてあるのかもしれませんがずっと疑問に思っているのです。



追記: 
右に見える「おじいさん」について情報をいただきました。 ゴヤの晩年の版画集「Los Caprichos」の1枚で,ゴヤの自画像とのことでした。  確かにご指摘の通りで, イメージの上にカーソルを乗せると FRANCISCO GOYA  ancora imparo, litografia (1827) と文字が出ました。 
Ancora imparo. 「私はまだ学んでいる。」をさらに調べたらミケランジェロ (Michelangelo Buonarroti 1475 - 1564 ) の言葉であることが判明。 
もう一度絵をよく見ると2本のツエで歩いています。 晩年, 体が不自由になってもゴヤは「私はまだ学んでいる」という精神で作品を作っていたのです。
この Matdid というサイトがなぜゴヤのこの絵をさりげなく載せているのかこれでわかりました。


                


■ イタリア小噺(イタリア・ジョーク)サイト
私がハマっているのがイタリア小噺(barzelletta 複数形 barzellette )。 イタリア語の語彙を増やし,また読解力をつけるためにはほんのちょっとした時間に辞書を引き引き読める小噺は重宝します。
もちろん全部の小噺の面白さがわかるわけではありません。  どこが面白いかわからないジョークほどストレスのたまるものはありませんが, そうしたら気を取り直してまた別の小噺にチャレンジして。。 そういうことをしているうちにイタリア語力が付きそうな気がします。
私が語学の出版社の人間なら『イタリア小噺(イタリアン・ジョーク)で学ぶイタリア語』なんてのを企画するんですけど。


Barzellette.it

おそらくこの手のサイトでは一番収録小噺が多いのではないでしょうか。 カテゴリーも豊富で中には自らも小噺の本を出したサッカー選手トッティ(Totti)をテーマにしたのもあります。 
ミツバチのマスコットが胸に, 小噺が背中にプリントされたオリジナルTシャツもあるようです。 イタリア語がわかる人なら笑ってしまうキワドイ小噺で「シャレ」ています。 日本円にして2,400円ほど。 もっともパソコンで自家製のTシャツのプリントができるようなので自分で作れば安上がり。


Uffa.it

こちらは上部の赤いメニューをクリックするごとにアトランダムに小噺が出て来ます。 どんな噺が出てくるのかくじ引きのような楽しさがあります。 


Svegomix.it

こちらはイタリアン・ジョークだけでなくアンケート(Sondaggio)やクイズなどもある「暇つぶしサイト」。 そもそも Svego というのが「暇つぶし」とか「ホビー」のイタリア語らしいのです。 色彩豊かなサイトですが画像が重いのが難点。 パソコンの環境によってはダウンロードされるまで時間がかかるかもしれません。
なお小噺は真中の列の4行目 Barzellette をクリックします。


これら大手の(?)イタリア小噺のサイトの共通点は
  1. 読者の投票による面白さの目安がついている。
  2. 文字だけでなく写真や動画もある。
ことです。 この2点は非イタリア人には好都合です。 
どこが面白いのかわからないジョークは, 実はイタリア人もわからないかったり, 面白くないと思っていることが多いので, 自分の語学力のなさからわからないんだと責める回数が減ります。
また写真や動画は言葉がわからなくても大丈夫なので勉強の気分転換になります。


 
イタリア語に日本語を添えたイタリアン・ジョーク(イタリア小噺)シリーズもどうぞ!