eigo21トップページ  このコンテンツのトップページへ   フィードバック        



イタリア語をインターネットで学ぶ方法 
Impariamo l'italiano in rete

 (4) 『ピノキオ』の朗読を聞きながら原文を読む。  
ある程度文法もわかるようになって外国語で本を読んでみようとすれば, まず始めるのが子供向けの教材。 イタリア語は1880年代に書かれたコッローディ作『ピノッキオの冒険』(Le Avventure di Pinocchio: storia di un burattino)という世界的古典が書かれている言語なので, 初心者が外国語に親しむのに有利な言語です。
しかもインターネットを使えば原文はもちろん, プロによる原文の朗読も無料で手に入るのです!

                


まず原文を手に入れましょう。


Pinocchio : Storia di un burattino


これは随所に 1883年の初版本のイラスト(Enrico Mazzanti 画)が添えられています。
ただ老けたピノッキオでイメージに合いませんが。
古典は著作権がないのでインターネットでそのまま原文を掲載していることがありますが, このサイトは段落ごとに空白をつけてくれているので本よりも読みやすいと思います。


                


ついで音声です。
これは Il Narratore というイタリア語の朗読を推進するイタリアのNPO団体のサイトからダウンロードできます。 


それではここをクリック して Pinocchio:Storia di un burattino  のページに行きましょう。
なおこれはイタリア語で書かれているページですが, 英語のページもあります。 ここをクリックしてください。  もちろん, ダウンロードする音声はイタリア語です。 英語のページだから英語の朗読ではありません。


ページの真中ほどにある下図のアイコンをクリックします。

左が原文(Adobe Readerの形式) で右が音声(mp3の形式)ですが, どちらをクリックしてもまた同じアイコンが出て来ますので, 音声をダウンロードするなら右の mp3 を再びクリックします。

なお『ピノッキオの冒険』は全部で36章ありますが, 無料で手に入る音声は限られています。(2004年8月までは34章まで無料でダウンロードできましたが現在は数章だけです)。全36章の音声は CD-ROM の形で Il Narratore より直接インターネットを通して購入できます。詳しくはこちらをクリックしてください。




パソコンに音声を保存するなら  Media Player がたちあがっている場合, 下記を参考にしてください。 ただし図の Media Player は古いバージョンなのでお使いのと外見が異なるかもしれません。



                



独学で原文を読み進める手助けになるものがあります。  日本語訳です。 これも図書館で借りれば無料ですみますが, 720円+消費税を出して岩波少年文庫『ピノッキオの冒険』(杉浦明平訳)くらいは買っておくとよいでしょう。  これは子供向けだからといって原文を端折ることなく, 1字1句すべて訳してあるので独習者にとって良い先生役になってくれます。


なお英語の方がよければこちらは無料で閲覧できます。 ここをクリック。 
日英伊で読み比べると言うのもおもしろいでしょう。


                


さらにリッチな方でしたら,CD-ROM を購入してもよいでしょうし, 原文を本の形で手元に置いておくのもよいでしょう。


CD-ROM (全36章収録・4枚組)なら送料込みで約5,550円 カセット・テープなら送料込みで約4,320円です。 詳しくはここをクリックしてください。


本はイタリアのサイトから購入できます。 イタリアには Amazon.com がないらしく, その代り IBS(Internet Book Shop)というオンライン・ショップが利用されているようです。
Le avventure di Pinocchio で検索するとこのようになります
また単に Pinocchio で検索するとこのようにコッローディ以外の本も出てきます。
ピノキオのコレクターには垂涎もののページと言う感じがします。