YAMAHA TWE(無料ソフト) を使う,外国語学習(語学)のためのパソコンのラジカセ化作戦
CDラジカセとパソコンを結ぶ方法 パソコンに録音する方法
        パソコンをラジカセ化するフローチャート(全体の流れ)はここをクリック
TWE の長所と短所  CDラジカセとパソコンを結ぶ 
TWE のダウンロードとインストール,
アンインストール
ラジカセからパソコンに録音する
起動と基本動作 サンプル・レートやサイズを変える
Cut (切り抜き)と Copy(コピー) 音量を変える
Paste (貼り付け)と Insert(挿入) チャンネルを減らしたり増やしたりする
新規ファイルを作る ソニーの IC REPEAT のように任意の箇所を繰り返し再生する
保存する Total Recorder によるラジカセ化作戦





(1) CDラジカセとパソコンを結ぶことでできること。
  • カセットテープの音声をパソコンに保存する。
  • CDの音声を wav ファイルとしてパソコンに保存する。 
(参考) Real Player を使うと mp3 としてパソコンに保存されます。 mp3 ではファイルの編集ができないので wav にフォーマットを変える必要があります。 そのためのソフトがフリーでも手に入りますが, Runtime やLame などこれとは別にインストールしなくてはいけません。 パソコン環境が変わるため不具合なことが起きると厄介ですし,第一, 初心者には今一つわかりづらいところです。 
  • ストリーミング放送の音声をラジカセに録音する。
  • さらにラジカセに録音した音声をパソコンに送り保存する。






(2) 必要なもの
パソコン
CDラジカセ
ミニプラグ
パソコンに録音するときはそのためのソフト
 弊サイトでは YAMAHA TWE (フリーソフト)の使い方を説明しています。


ミニプラグは抵抗入りと抵抗なしの2種類があります。 その種類にって録音する側の端子が異なるので注意してください。






(3) パソコンの音声をCDラジカセに送るには


抵抗入りのミニプラグを使う場合
パソコンヘッドフォン端子CDラジカセマイク端子を結びます。





抵抗なしのミニプラグを使う場合 
パソコンヘッドフォン端子CDラジカセライン入力端子(外部入力端子)を結びます。









(4) CDラジカセの音声をパソコンに送るには


抵抗入りのミニプラグを使う場合
CDラジカセヘッドフォン端子パソコンマイク端子を結びます。





抵抗なしのミニプラグを使う場合 
CDラジカセヘッドフォン端子パソコンライン入力端子(外部入力端子)を結びます。





パソコンのマイク端子(ラインイン端子)に接続したのに音が聞こえない! 
この場合はここをクリックして3つのことを確認してください。


このページのトップへ





(5) 新規ファイルの作り方


(注意) すでにファイルを開けていてその設定と同じ環境のファイルを作る場合はここを参照してください。


左上の新規作成のアイコンをクリックします。 (File → New でもよい)



すると下図のウィンドウが現れます。 赤色の線で囲んだ部分だけ設定します。



File type このまま WAVE にしておきます。
Channels モノラル(mono)の方がファイルが小さくなります。 
例えば2ヶ国語放送のように左スピーカは日本語, 右スピーカは英語のように, 元の教材がステレオを利用しているならステレオにしますが, ふつうの語学教材ならモノラルで十分です。
Sample Size 以下の組み合わせにすればよいでしょう。 
(注意) 元の音質が悪ければ, ここでどんなに良い設定にしてもそれ以上良い音質になることはありません。
ふつうのラジカセやカーステレオのようにパソコン以外のCDプレイヤで使えるようにするには
  44100Hz / 16bit
ラジオ放送並みの音質にするには
  22050Hz / 16bit
電話の音質にするには
  11025Hz/ 16bit
語学教材として単にパソコンで使ったり, データファイルとしてCDやDVDに焼き付けるなら, 11025Hz/ 16bit で十分です。 私はさらに Sample Size を半分にして 11025Hz/ 8bit にすらしています。


Sample Rate
Length デフォルトではたったの10秒しか録音できませんからこの設定を忘れずに。
当然長く設定すればするほどファイルサイズは大きくなります。 しかし後で編集できますから長めに設定しておいてもよいでしょう。 もちろんおおざっぱな数値でかまいません。


以上の設定が終えたら  をクリックします。


(6) 録音の仕方


録音の画面です。 ピンクのアイコンをクリックすれば録音が開始されます。 ■をクリックすると停止します。



録音の注意点:
マイク入力ですとラジカセ側の音量がそのまま反映されます。 ラジカセ側の音量を大きくしすぎないようにしてください。 適当な音で録音されるか何回かラジカセ側の音量を変えてテストする必要があります。 
TWE は音量のインジケータがなくまた録音している最中は波形が表示されないのでこの点が不便です。


(7) 保存の仕方


録音が終わったら左上の File をクリックして5つ目の Save As をクリックします。 Save As は「名前を付けて保存」に相当します。  なお Save は「上書き保存」に相当します。



Save は「上書き保存」に相当します。 これをクリックすると下図のウィンドウが出ます。
上書きするなら OK を, しないならキャンセルをクリックします。



このページのトップへ

トップ・ページへ                ご意見・ご感想をお寄せ下さい。