YAMAHA TWE(無料ソフト) を使う,外国語学習(語学)のためのパソコンのラジカセ化作戦
YAMAHA TWE を使って WAV ファイルを編集する
        パソコンをラジカセ化するフローチャート(全体の流れ)はここをクリック
TWE の長所と短所  CDラジカセとパソコンを結ぶ 
TWE のダウンロードとインストール,
アンインストール
ラジカセからパソコンに録音する
起動と基本動作 サンプル・レートやサイズを変える
Cut (切り抜き)と Copy(コピー) 音量を変える
Paste (貼り付け)と Insert(挿入) チャンネルを減らしたり増やしたりする
新規ファイルを作る ソニーの IC REPEAT のように任意の箇所を繰り返し再生する
保存する Total Recorder によるラジカセ化作戦





■ TWE の長所と短所

長所: 
  • 無料である。
  • シンプルな作りなので初心者でも使いやすい。
  • 少なくとも個人で語学教材を作るのに十分な編集機能がある。
  • 単独で動くソフトなのでパソコンに不具合が生じることがない。
短所: 
  • 右クリックが使えないのでメニューバーの Edit や File を利用しなくてはいけない。
  • 録音時に, 取り込む音の音量を示すインジケータがないので, 「試し」の録音を何度かしなくていけない。
  • 左右のチャンネルを統合してステレオをモノラルにできない。 (左右がまったく同じでステレオになっている「偽ステレオ」のものでしたらモノラルにすることはできます)
  • ステレオの場合, 片方のチャンネルごとに編集できない機能がある(例; 切り取り, 挿入など)
  • mp3 と wav のフォーマットの変換ができない。 
特に最後の二つの短所があることから, ステレオでなければいけない場合(テレビの2ヶ国語放送など)をのぞき, 語学教材を TWE で編集する場合, サイズが半分で済みますし, あとで編集が容易ですので, 最初からモノラルで録音にしておいたほうがよいと思います。 


このページのトップへ





■ TWE をパソコンにインストールする。


(1) Yamaha のサイト(外部リンク)に行き  「ユーティリティ」の欄にある Wave Editor TWE をクリックします。
 この Yamaha のサイト, 文字が小さくしかも大文字,小文字,記号が乱れる横文字だらけで拒絶感を感じる方も多いはず。  DTM(デスクトップ・ミュージック)のページなのでしょうがないでしょう。

 

(2) 上の Wave Editor TWE をクリックすると下の画面になります。
これもどこをどうすればいいのか瞬時にわからない使いづらいページの作りをしています。 右端の Windows または Mac 用の CLICK TO DOWNLOAD をクリックして適当なところにダウンロードします。




(3) ダウンロードした シを適当なところに解凍します。  
※ 「解凍」の意味がわからない方はこちら(外部リンク)を参照してください。


(4) すると  というフォルダができます。 これで TWE を使う環境が整いました。
※ TWE は単体で動くソフトでパソコンへのインストール作業は必要としません。


■ TWE をアンインストールする。


  をそのまま削除すればそれで OKです。


このページのトップへ





■ TWEの起動の仕方と基本動作


解凍したフォルダの中にある  をクリックします。 すると下図のようにウィンドウが開くので OK をクリックします。

(参考) TWE は単体で動くソフトでパソコンのインストール作業がありません。 言い換えるとプログラムとして追加されないので「すべてのプログラム」を見ても見当たりません。 ですから TWE を起動させるには直接この twe231w のフォルダに行かないといけません。 そこでフォルダの中にある にマウスを当てて右クリックして『[スタート]メニューにアイコンを追加』を選択すれば, スタートメニューから起動できるようになります。 または右クリックして『送る』を選択し『デスクトップ(ショートカットを作成)』を選択すれば, デスクトップから起動できるようになります。


「開く」のアイコンをクリックして編集するファイルを呼び出します。



音声は波形グラフで表されています。



右端の虫めがねを使うと波形グラフで表される範囲を変えることができます。



緑色の線が音の開始箇所を表します。
再生開始の箇所は波形グラフの目盛りの部分をクリックすることで指定します。



このページのトップへ





■ Cut (切り抜き)と Copy(コピー)の仕方

ステレオの場合, 二つのチャンネルを別々に編集可能なものと不可能なものがあります。
別々に編集できるものの例: Copy (コピー), Paste (ペースト), Gain (音量変更)など
別々に編集できない例:  Cut (切り抜き), Insert (挿入), Time Comp/Exp (波形の伸縮)など



グラフの部分をマウスでドラッグすることで, コピーしたり切り取ったりする領域を指定します。
下のグラフ内でマウスをクリックして選択したい領域の片方にあてます。
  


左クリックボタンを押したままカーソルを動かします。 
左からでも右からでもどちらでもOKです。 下の例では左から右にカーソルを動かしています。

カーソルの動きと反転する場所に時間差があり, あまり使いやすいとは思いません。  ゆっくりとマウスを動かさないと勝手に反転する領域がとんでもないところまで進んでしまうことに戸惑うはずです。


Edit(編集) を開いてCut(切り取り) または Copy (コピー)をクリックします。




元に戻すには Edit を開き Undone (元に戻す) をクリックします。 



TWE は右クリックができません。 つまり右クリックしてメニューを出しコピーや切り取り,貼り付けなどが指定できません。 面倒ですが作業ごとに上部のメニューバーの Edit を開かないといけません。


このページのトップへ






 Paste (貼り付け)と Insert(挿入)の仕方


貼り付けたい(挿入したい)箇所にカーソルを移動させてクリックします。
目盛りではなくグラフ内でクリックさせます。 



Edit を開き Paste (貼り付け)または Insert (挿入)をクリックします。



Paste (貼り付け)の場合は上書きされます。
 → 


Insert (挿入)の場合は上書きされません。
 →  


元に戻すには Edit を開き Undone (元に戻す) をクリックします。 


新規にファイルを作りそれに貼り付ける場合は, メニューバーの新規ファイルの作成をクリックします。
すると 新規ファイルの設定画面が出ます。

この中の File type,  Channel, Sample Size,  Sample Rate を設定値を元のファイルの設定値と同じにします。
元のファイルの設定値はファイルの左にあります。  Length(長さ)の設定も忘れずに


すると下図のように新しいファイルが現れます。



貼り付けたいところにマウスを当てます。



Edit (編集)を開け Paste (貼り付け)をクリックします。



すると Cut (切り取り)または Copy (コピー) を指定していた箇所が新規ファイルに貼り付けられます。



元に戻すには Edit を開き Undone (元に戻す) をクリックします。 

このページのトップへ






■ 新規ファイルの作り方


(注意) すでにファイルを開けていてその設定と同じ環境のファイルを作る場合は上記の説明を参照してください。


左上の新規作成のアイコンをクリックします。 (File → New でもよい)



すると下図のウィンドウが現れます。 赤色の線で囲んだ部分だけ設定します。



File type このまま WAVE にしておきます。
Channels モノラル(mono)の方がファイルが小さくなります。 
例えば2ヶ国語放送のように左スピーカは日本語, 右スピーカは英語のように, 元の教材がステレオを利用しているならステレオにしますが, ふつうの語学教材ならモノラルで十分です。
Sample Size 以下の組み合わせにすればよいでしょう。 
(注意) 元の音質が悪ければ, ここでどんなに良い設定にしてもそれ以上良い音質になることはありません。
ふつうのラジカセやカーステレオのようにパソコン以外のCDプレイヤで使えるようにするには
  44100Hz / 16bit
ラジオ放送並みの音質にするには
  22050Hz / 16bit
電話の音質にするには
  11025Hz/ 16bit
語学教材として単にパソコンで使ったり, データファイルとしてCDやDVDに焼き付けるなら, 11025Hz/ 16bit で十分です。 私はさらに Sample Size を半分にして 11025Hz/ 8bit にすらしています。


Sample Rate
Length デフォルトではたったの10秒しか録音できませんからこの設定を忘れずに。
当然長く設定すればするほどファイルサイズは大きくなります。 しかし後で編集できますから長めに設定しておいてもよいでしょう。 もちろんおおざっぱな数値でかまいません。


以上の設定が終えたら  をクリックします。


このページのトップへ






■ 保存(Save as )の仕方


保存File(ファイル) をクリックして5つ目の Save As をクリックします。 Save As は「名前を付けて保存」に相当します。  なお Save は「上書き保存」に相当します。





 Save は「上書き保存」に相当します。 これをクリックすると下図のウィンドウが出ます。
上書きするなら OK を, しないならキャンセルをクリックします。



このページのトップへ

トップ・ページへ                ご意見・ご感想をお寄せ下さい。