eigo21トップページ    デンマーク語はどうですか?トップページ   e-mail



 デンマーク語はどうですか?
Hvad med DANSK?
〜趣味のデンマーク語のススメ〜


彗星 H.C.アンデルセン 原文と私訳 2
次のページへ  前のページへ 『彗星』の注釈・ちょっとした補遺


De fleste af dem, som sagde det, var også døde og borte, da den atter viste sig; men den lille dreng, for hvem høvlspånen stod i lyset og moderen troede om: “Han dør snart!” han levede endnu, var gammel og hvidhåret. “Hvide har er alderens blomster!” siger ordsproget, og han havde mange af de blomster; han var nu en gammel skolemester.
そんなことを言った人たちの多くは, また再び彗星が現れたときはもう死んでこの世にいませんでした。 しかしあの小さな子どもは, 「この子はもうじき死ぬわ!」と母親が信じたあの子供は, まだ生きていました。 年をとり白髪になっていましたけれど。 「白い髪は年齢の華」と諺は言います。 すると彼はその華をたくさん持っていることになります。 少年は今, 老いた校長先生になっていました。


Skolebørnene sagde, at han var så klog, vidste så meget, kendte historie, geografi og hvad man ved om himmellegemerne.
生徒たちは言いました。 校長先生はとても物知りだ。 何でも知っている。 歴史も, 地理も, そして宇宙に行けば何が見えるかも知っている。


“Alt kommer igen!” sagde han; “bid bare mærke i personer og begivenheder og I skal kende, at de altid kommer igen, i anden kjole, i andet land.”
「すべてはもう一度やって来るのです!」 先生は言いました。 「人間やできごとに注意を払えば, いつもすべてがもう一度やって来ることがわかります。 違う服を着たり別の土地にひょっこりやって来たりするのです。」


Og skolemester havde da fortalt om Vilhelm Tell, der måtte skyde et æble af sin søns hoved, men før han udskød pilen, gemte han på sit bryst en anden pil til at skyde i brystet på den onde Gessler. Det var i Schweiz det skete, men mange år forud skete det samme i Danmark med Palnatoke; han måtte også skyde et æble af sin søns hoved og gemte som Tell en pil til at hævne sig med; og for mere end tusinde år længere tilbage, blev nedskrevet den samme historie som hændet i Ægypten; det samme kommer igen ligesom kometerne, de farer hen, bliver borte og kommer igen.
それから先生はウィリアム・テルの話をしました。 テルは息子の頭上のリンゴを射らなくてはいけなかったけれど, そうする前に悪いゲスラーに向かって射るために胸にもう1本矢を忍ばせていたのです。 これはスイスの話でしたが, 何年も経って同じことがデンマークでも起きました。 パルナトーケはテルと同じように息子の頭上のリンゴを射落とさなくてはならなかったのですが復讐するために1本別の矢を忍ばせたのです。 さらに何千年も遡ると, エジプトでも同じことが起きたと書かれています。  同じことは起きるのです。 彗星がすっと過ぎ去り, 遠くに行ってまたやって来るように。


Og han talte om kometen, som var i vente, kometen, han havde set som lille dreng. Skolemester vidste om himmellegemerne, tænkte over dem, men glemte derfor ikke historie og geografi.
それから先生はこれから来ると思われている彗星, つまり子供のときに見た彗星のことを話しました。 先生は天体のことを知っていたし考えてもみました。 しかし歴史や地理についても忘れませんでした。


Sin have havde han anlagt i skikkelse af et Danmarks landkort. Her stod urter og blomster, som de bedst hører hjemme i landets forskellige egne. “Hent mig ærter!” sagde han, og så gik man til det bed, der forestillede Lolland. “Hent mig boghvede!” og så gik man til Langeland. Den dejlige blå ensian og porsurten var at finde oppe på Skagen, den glinsende kristtjørn ovre ved Silkeborg. Byerne selv var antydet ved postamenter. Her stod St. Knud med lindormen, det betød Odense. Absalon med bispestav betød Sorø; det lille fartøj med årer var mærke for, at her lå byen Århus. Af skolemesters have larte man godt Danmarks landkort; men man måtte jo først belæres af ham, og det var så fornøjeligt.
校長先生は校庭をデンマークの地図の形にしました。 いろいろな地域の特産であるハーブや花がありました。 「豆を取ってきなさい」と先生が言うと生徒はロラン島を表している花壇へ向かい, 「ソバの実を取ってきなさい」と先生が言うとランゲラン島へ人は向かったのでした。 美しい青いリンドウとヤチヤナギはスカーゲンの上に, 輝いているヒイラギはシルケボルグの上にありました。 町自体は台座によって表されていました。  怪獣リンドワームを従える聖クヌードの像はオーデンセを表わしていました。 牧杖を持つアブサロンの像はソローを表していました。 櫓のある小船はオーフスの町であることを示していました。 先生の庭からデンマークの地理がよく学ぶことができました。 でもまず先生から教わるべきでした。 とても楽しい授業でしたから。


Nu var kometen i vente, og om den fortalte han og hvad folk i gamle dage, da den sidst var her, havde sagt og dømt. “Kometåret er et godt vinår,” sagde han, “man kan spæde vinen med vand, det mærkes ikke. Vinhandlerne skal holde så meget af kometår.”
今彗星がやって来るところでした。 校長先生は彗星について話しました。 前に彗星が来たとき当時の人々が言ったり推測したりしたことも話しました。 「彗星の来る年は良いワインができる年です。」 先生は言いました。 「水でワインを薄めても見破られません。 それでワイン業者は彗星の来る年が大好きですなんですよ。」


Luften stod med skyer hele fjorten nætter og dage, kometen kunne ikke ses, men den var der.
2週間の間,昼も夜も空は雲で覆われ, 彗星は見えませんでした。 しかし彗星は空にあったのです。


次のページへ  前のページへ 『彗星』の注釈・ちょっとした補遺

© 2005 by HideS