eigo21トップページ    デンマーク語はどうですか?トップページ   e-mail



 デンマーク語はどうですか?
Hvad med DANSK?
〜趣味のデンマーク語のススメ〜


彗星 H.C.アンデルセン 原文と私訳 1  
次のページへ  『彗星』の注釈・ちょっとした補遺


Og kometen kom, skinnede med sin ildkerne og truede med sit ris;
そして彗星はやって来たのです。  火のような核を輝かせ, 尾っぽで威嚇して。


der blev set på den fra det rige slot, fra det fattige hus, fra stimlen på gaden og af den ensomme, der gik hen over den vejlose hede; hver havde sin tanke derved.
みな彗星を見ていました。 りっぱな城からも, 粗末な家からも, 街の人々も, そして道のない荒野を行く孤独な旅人も, みなそれぞれの思いで彗星を見ていました。


“Kom og se det himlens tegn! kom og se det pragtfulde syn!” blev der sagt, og alle skyndte sig at se.
「おいでよ。 天の奇蹟を見においで。 この雄大な姿を見に出ておいで!」 人々は口々に言いながら, みな一目見ようと急ぎました。


Men inde i stuen sad endnu en lille dreng og hans moder; tællelyset brændte, og moder syntes at der var en høvlspån i lyset; tællen stod op i spids og krøllede, det betød, troede hun, at den lille dreng måtte snart dø, høvlspånen vendte jo mod ham.
しかしその部屋の中には, ひとりの幼い少年とその母親がまだ残っていました。 
ろうそくの火が燃えていました。 
あら,炎の中に燃え屑がある。 母親は思いました。 獣脂がピンと立ちそれから曲線を描きました。 これはこの子がまもなく死ぬということだわ。 母親は確信しました。 燃え屑がこの子の方に向いたもの。 


Det var en gammel overtro, og den havde hun.
それは古い迷信でしたが, 母親は信じていたのです。


Den lille dreng skulle just leve mange år på jorden, leve og se kometen, når den efter mere end tresindstyve år viste sig igen.
この子は何年も生きて行かなくてはいけない。 死ぬことなく彗星を見なくてはいけない。 60年以上たってまた彗星を見なくてはいけない。


Den lille dreng så ikke høvlspånen i lyset, havde heller ikke tanke om kometen, der første gang i hans liv skinnede fra himlen. Han sad med en klinket spølkum foran sig; i den var pisket sæbevand, og ned i den dyppede han hovedet af en lille kridtpibe, satte så stilken for munden og blæste sæbebobler, små og store; de bævede og svævede med de dejligste kulører, der skiftede fra gult til rødt, lilla og blåt, og så blev det grønt som skovens blad, når solen skinner gennem det.  
くだんの少年は炎の中の燃え屑は見ませんでした。 そして生まれて初めて天から輝き落ちて来た彗星のことも考えていませんでした。 少年はカップを前に座っていました。 その中で石鹸水を掻き回せ 小さな粘土のパイプの頭を浸し, それからパイプの軸を口にくわえ吹き, 小さいけれどしっかりしたシャボン玉を作りました。 シャボン玉はゆらゆらぷかぷか浮きました。 きれいな色。 金色から赤, 紫, 青と色を変え, 日が透けて輝いたときには, 木の葉のような緑色になりました。


“Gud unde dig år her på jorden, så mange, som de bobler du blæser!”
「神様がお前にこの世の命を何年分もくださるように。 何年も何年も, お前の吹いたシャボン玉のようにたくさん!」


“Så mange, så mange!” sagde den lille. “Sæbevandet kan aldrig blæses op!” og den lille blæste boble på boble.
「こんなにたくさん, こんなにたくさん!」 少年は言いました。 「いくら石鹸水があっても足りないや。」 そして少年はまた一つ, また一つとシャボン玉を膨らませました。





“Der flyver et år! der flyver et år, se hvor de flyver!” sagde han ved hver boble, der løsnede sig og fløj. Et par fór ham lige ind i øjnene; det sved, brændte, han fik tårer i øjnene. I hver boble så han lagt et fremtidssyn, skinnende, glimrende.
「これは1年飛んでいく! これは1年飛んでいく。 どこに行くのか見てごらん。」 少年はシャボン玉が放たれて飛んでいくごとに言いました。 2,3のシャボン玉は少年の目の中に入ってきました。 それで目が火が付いたようにチクリとなって涙が出てきました。 少年は, 一つ一つのシャボン玉の中に未来の光景が輝き光っているのを見ました。


“Nu kan man se kometen!” råbte naboerne. “Kom dog ud; sid ikke derinde!”
「彗星が見えますよ。」 近所の人が大声で言いました。 「出ていらっしゃい。 家の中にいてはだめ!」


Og moder tog den lille ved hånden; han måtte lægge kridtpiben, slippe legetøjet med sæbeboblerne; kometen var der.
それで母親は少年の手を取りました。 少年は粘土のパイプを置いて, シャボン玉といっしょに玩具をほったらかしにしなくてはいけませんでした。 彗星が来ていたからです。


Og den lille så den lysende ildkugle med den strålende hale; nogle sagde, at den viste sig tre alen lang, andre, at den var millioner alen; man ser så forskelligt. “Børn og børnebørn kan vare døde for den viser sig igen!” sagde folk.
そして少年は見ました。 光る尾をたずさえて輝く彗星の核を。 長さが1.8メーターあると言う人もいれば60万メーターだと言う人もいました。 人によって見方はそれぞれです。 「子供たちも孫たちももう一度見るときは死んでいるだろうよ。」 人々は言いました。


 
次のページへ  『彗星』の注釈・ちょっとした補遺

© 2005 by HideS