eigo21トップページ    デンマーク語はどうですか?トップページ   e-mail



 デンマーク語はどうですか?
Hvad med DANSK?
〜趣味のデンマーク語のススメ〜


デンマーク語の概要(1)
前のページ 次のページ  名詞の不定形と定形


具体的にデンマーク語の文章を読んで, デンマーク語がどういう言語なのか見てみます。
日本に旅行したデンマーク人の文章から, 執筆者の承諾を得て引用してみます。
Hachikoo er egentlig navnet på en hund, som i sin tid var så loyal over for sin herre, at den selv efter hans død blev ved med at vandre trofast hen til stationen og vente på ham hver eneste dag.
Siden har man lavet en statue af hunden, og hundredevis af mennesker, gamle som unge, bruger hver dag statuen af Hachikoo som mødested.


忠犬ハチ公の説明をしている文です。 忠犬ハチ公の話を知っていれば, 初めて見るデンマーク語でもなんとなく意味はわかるのではないでしょうか。
hund はダックスフントでおなじみのドイツ語で「犬」。 デンマーク語も同じだろうと推測できます。
loyal は英語で「忠実な」 over とか for とか英語と同じ綴りが続いた後, ドイツ語の Herr に似ている herre があるので, この辺りは「主人に忠実だった」と書いてあるのではないかと推測できます。
efter hans død は after his death に似ているので「主人が死んだ後」かな。。
stationen は station と似ているので「駅で帰りを待っていた」とでも書いてあるのかと推測できます。 
statuen は statue 「像」と, hundredevis af は hundreds of 「何百もの〜」と, mennesker は men と似ているので, おそらく2段落目は「何百もの人たちが像の前で待ち合わせをしている」という意味合いの文ではないかと推測できます。


少しずつデンマーク語と英語を照らし合わせながらより詳しくみましょう。


Hachikoo er egentlig navnet på en hund, som i sin tid var så loyal over for sin herre, at den selv efter hans død blev ved med at vandre trofast hen til stationen og vente på ham hver eneste dag.
Siden har man lavet en statue af hunden, og hundredevis af mennesker, gamle som unge, bruger hver dag statuen af Hachikoo som mødested.


Hachikoo er egentlig navnet en hund
ハチ公は実際は1匹の犬の名前です。
(Hachikoo is originally the name of a dog)


■01 er = is 「〜です」
デンマーク語の動詞は人称による変化がありません。 英語の am, is, are はすべて er で済ませてしまいます。 


■02 egentlig = actually 「実際は」
  -lig は -ly にあたる形容詞をつくる接尾辞。 でもここでは副詞。


■03 navnet (= navn + et)  = the name 「その名前」
文法が簡素化された言語のデンマーク語でも, 他の多くの印欧語と同じく, 名詞の性は維持しています。 ただしドイツ語のように男性名詞,女性名詞,中性名詞の3つではなく, 共性名詞と中性名詞の2つです。 
イタリア語やスペイン語, ポルトガル語のように語尾を見て名詞の性がわかる訳ではないので, 個々の単語ごとに性もいっしょに覚えなくてはなりません。 が名詞の70%以上は共性名詞だと言われているので中性名詞を覚えて, 残りは共性名詞としてしまうのがデンマーク語の名詞の性の覚え方のコツのようです。 そしてこの navn はその中性名詞の1つです。


デンマーク語, スゥエーデン語, ノルウェー語, アイスランド語など北欧語は定冠詞を名詞の後に付けた形を取ります。 これを名詞の定形(英語では definite form)と専門家は呼んでいるようです。 デンマーク語の場合,  共性名詞の定形は 名詞の不定形+en , 中性名詞の定形は 名詞の不定形+et になります。 それで navnet は the name という意味になる訳です。
ついでながらクロアチア語, セルビア語, ブルガリア語やルーマニア語, アルバニア語などのバルカン諸語も語族を越えて英語の定冠詞にあたるものを名詞の後に付けるという特徴があります。


■04  = on 「〜に」 (ここでは「の」)
英語と同じようにデンマーク語の名詞の格変化は非常にシンプルで名詞+s の所有格以外は主格も目的格も同じです。 だからドイツ語のように格変化や前置詞の格支配を覚える必要はありません。
しかしその分, 前置詞への負担が大きくなっているのは英語もデンマーク語も同じです。 英語の勉強の課題の一つ, 「前置詞の使い分けと日本語の助詞との比較」はデンマーク語でも付きまといます。 ただ英語の知識を利用して, 英語と違うところに注目すればかなり楽になります。
この på も本来は英語の on ですが, 今回は of と訳すことができます。 
なお å はデンマーク語やノルウエー語やスゥエーデン語に見られる特殊な文字で[オー]に近い音を表します。 デンマーク語には英語のアルファベットにない文字があと2つあります。 æ と ø です。
その代わり, c と w は固有名詞と外来語に, q, x, z は外来語にしか使われません。


■05 en hund = a dog 「1匹の犬」
en は共性名詞につける不定冠詞。 中性名詞の不定冠詞は et です。
ここで不定形(不定冠詞+名詞)と定形(定冠詞+名詞)をまとめておくと以下のようになります

共性名詞 中性名詞
不定形 en hund (a dog) et navn (a name)
定形 hunden (the dog) navnet (the name)
et や en は one の意味なるときがあります。 そのときは én  ét というようにアクセント記号をつけます。 

複数の場合の定形は -ne になります。
共性名詞 中性名詞
不定形 hunde (dogs) navne (names)
定形 hundene (the dogs) navnene (the names)


前のページ 次のページ 

eigo21トップページ    デンマーク語はどうですか?トップページ