eigo21トップページ    デンマーク語はどうですか?トップページ   e-mail



 デンマーク語はどうですか?
Hvad med DANSK?
〜趣味のデンマーク語のススメ〜


私の持っているデンマーク語の語学参考書(2)
次のページ(辞書)   前のページ(英語の入門書)


デンマーク語の入門(白水社/秦宏一著)  絶版
エキスプレス・デンマーク語 (白水社/横山民司著)


■ デンマーク語の入門(白水社/秦宏一著)  絶版


H.A. Koefoed の Teach Youself Danish のあと数年後に買ったのが白水社の『デンマーク語の入門』(1978年11月20日発行と奥付にあります)。 白水社と言ったらフランス語。 その白水社が「未知の言語に挑むあなたの意欲に応える入門シリーズ」としてイタリア語, インドネシア語, ブラジルポルトガル語, チェコ語, ポーランド語, ルーマニア語, スゥエーデン語などとともに出したものの中の一つです。 このシリーズで現在も手に入るのはイタリア語, インドネシア語, ブラジルポルトガル語, ルーマニア語くらいで,  これらの言語も含め「エキスプレス・シリーズ」がこれに取って代わっています。


90分カセットテープ1本がついていて当時4,100円。 「エキスプレス・シリーズ」と体裁は似ています。 違うのは70ページ分の「読み物」があること。 「エキスプレス・シリーズ」もそうですが, 白水社のこの手の語学書は旅行に行くのでちょっとした表現を覚えようと言う実用会話向けの本ではなく, デンマーク語そのものに興味のある学習者の入門書という位置付けなのだと思います。 私のようにインターネットでデンマーク語のサイトをのぞいてみたり, 会話よりも本を読むのが好きな人間にはちょうど良い参考書でした。

 

                      


■ エキスプレス・デンマーク語 (白水社/横山民司著)


この入門書は正確に言うと私は持っていません。 図書館で借りたのです。 そうしたら p25 の第2課の単語欄の hvilken に誰かが「主に文語。 口語では hvad for 」とあり本文中の Hvilken dag er de så i morgen? についても「 Hvad for en dag 〜?がふつう」と書きこんでありました。 図書館の本に書きこみをするという公共道徳に反する行為への罪悪感よりは, 正しい知識を人に教えなくてはいけないという正義感の強い人のようですが, その文字は犬猫が自分の縄張りにマーキングとして残したオシッコのようにも見えました。


この本については書かれている文が不自然で実用的ではないという意見があります。 確かにそのような部分もありますが, それはこのエキスプレス・シリーズが会話書ではなく, 大雑把な文法知識を読者が持つことに主眼があるためでしょう。 さらにエキスプレス・デンマーク語とエキスプレス・スウェーデン語, エキスプレス・ノルウェー語の3つのノルド語に関しては, 多くを共通した文章にして3言語の比較ができるような編集になっているのです。 それで多少不自然な例文になっている面もあるかと思います。


横山民司さんの書いた白水社の『スウェーデン語の入門』(絶版)を持っていますが, これは非常に中身の濃い語学書で言語学者の気概のようなものを感じさせます。 また, 全体に個性的な例文が多く, エキスプレスの北欧語シリーズにつながるものがあります。 作文の問題に「私は気違いじみた言語マニアです。」などという今なら編集の段階で×になってしまう文があるのも, 私にはおもしろく思えました。



次のページ(辞書)   前のページ(英語の入門書)


eigo21トップページ    デンマーク語はどうですか?トップページ