eigo21英語学習相談室
   p12前のページへ もくじへ   トップページへ 
  私の息子は地元の公立中学の2年生です。 私の姉の子供も同じ中学2年ですが、私立中学校に通っています。学校の英語の進度に随分差があり、甥っ子はもうすでに中学3年の範囲の勉強をしているようですが、私の息子の学校の方は進度も遅く中2の範囲が中2の3学期までで終わりそうもありません。 どこの公立中や私立中もこうなのでしょうか。 私の子供の場合、学校の授業だけでは足りないのかと不安なのですが。


 確かに公立中と私立中の授業時間や内容には大きな隔たりがあります。 ある週刊誌によると中学3年間で500時間の差が出ることもあるそうです。 
 教える内容を少なくし授業時間を減らす、いわゆる『ゆとりの授業』をすれば、どの生徒も授業を理解して行けると文部科学省は考えたのですが、実情は違います。
 授業時間が少ないということは、勉強嫌いな生徒にとっては勉強しない時間が増えるだけに過ぎず、また、理解するのに時間がかかる生徒の場合、時間が少ないため学習内容が未消化のまま進んでいってしまう可能性が高くなり、一方、意欲的な生徒にとっては、内容が簡単過ぎて授業がつまらなるという状態になっているのではないでしょうか。
 一クラスの中にあらゆる習熟度の生徒がいる現在の態勢では、全員が満足できるような授業は望めません。 その意味で塾に通うというのはこれを補うことができて有効だと思います。授業時間が少ないことが不安が、上に書いた3つの分類(勉強嫌い、理解に時間がかかる、意欲がある)のどれから来る不安(不満)なのかを考えて、それを解消できる塾を選べばいいのではないかと思います。 
 

前のページへ もくじへ   トップページへ