eigo21英語学習相談室
   p10前のページへ もくじへ   トップページへ 

  英単語の勉強はどうしたらいいのでしょうか。

 中学1、2年くらいなら覚えようとする単語をよく見て、発音と綴りの関係に注意しながら発音しながら綴りを何度も書いて覚えるようにします。
  しかし学年が進むにつれて書かなくても見ただけでその語を覚えられるようにしないといけません。その際、聴覚教材を使ったり発音したりすることも暗記の手助けになるしリスニング・テスト対策のためにもなるので有効です。しかし耳だけで覚えるのは綴りと発音が一致しない英語の場合は勧められません。少なくとも現状の試験のほとんどは口頭ではなく筆記でなされるので、視覚的に暗記・認識できない限り試験ではマズイのです。 さらに大学入試とか英検2級以上の単語になると、必要な単語数も多いので、新出語に出会ったらその場で視覚的に暗記・認識できる能力がないと苦労します。
 
  では視覚的に、それも即時性を持って単語を暗記するにはどうしたらいいか。 一言で言えば慣れに比例してその力は付いて来ます。 英文に多く接すれば接するほど、新出単語をその場で覚える力は付いてきます。 そのためには入試の長文程度の長さの文をたくさん読むのがいいでしょう。 しかし、知らない単語が多すぎては逆効果です。 単語を覚えるための文だから全部知っている単語からなる文でもいけません。 1ページに10語くらい新出語がある文を読んでいきます。 それもその新出語の8割かた覚えていればいい程度の気楽な感じで。 ただし数多く文を読むようにします。時間をかければ、つまり慣れればなんとか行くものです。 例えば単語集を暗記しようとします。 最初苦労してもそのうちその労力が漸減して行くのに気づくはずです。

前のページへ もくじへ   トップページへ