eigo21英語学習相談室
p9前のページへ 次のページへ もくじへ トップページへ 
  高校入試や大学入試のために英単語はどのくらい覚えなくてはいけないのでしょうか。


 文部省は指導要領で1000語ほどの中学生が覚えるべき英単語を定めています。 これが唯一、数として覚えるべき単語をあげている事例です。 それ以外で数として何語必要かは取り決めているわけではないのでわかりません。 そこで以下は私個人の見解ですが、当たらずとも遠からず、といった感じではないかと思います。

 まず高校入試から。
 中学の教科書の巻末にある単語リストを見ると、どの教科書もほぼ1200語ほど収録されていることがわかります。 公立高入試は中学で使用している教科書の単語を出すのが普通なので、この数が公立高入試に必要は語数ということになりそうです。 
 ただ現実は、どの教科書も固有名詞などどう見ても入試に出そうもない語が収録されているのでもっと数は少ないでしょう。 また各都道府県で使用する教科書の種類はちがうので公立高入試に出る単語も各都道府県で違ってきます。 ある県の問題では語注つきで出ている語も、別の県ならつづりを書かせる問題で出題されるなどいうことがありえるわけです。 
 これが私立高入試になるとさらに千差万別、何語必要かは断定はできません。 ただある程度の推測はできます。
 市販の高校入試向け単語集が収録している数は、1200語〜1500語くらいで、確かに実際の入試問題と照らし合わせても、これで間に合いそうな印象があります。 ただしこの数は中学の教科書とほぼ同じなので学校の教科書の語を覚えておけば間に合いそうに見えますが、現実は違います。 先にも書いたように、教科書の単語の中には固有名詞や特殊な語があるのでこれを差し引かなくてはいけません。 その代わりあなたが使っている中学の教科書には出てこないが、一般的によく使う基本的な英単語が加わります。 
 こういう語は高校のリーダーの教科書では中学校で既習済みの語とみなし、新出語として単語欄に載せることがないことがほとんどです。 いわば『中学と高校の学習の狭間にある語』なのです。 その数ははっきり断定できませんが、標準的な中学生向け単語集に収められている、中学必修単語1000語以外の、200から500語くらいがそれにあたるかと思います。 
 つまり学校の教科書の1200語くらいに、学校の教科書には出ていないが、常識的な単語が加わった数、1200から1500語が標準的な中学生が私立高入試で求められる単語数でしょう。

 大学入試の場合はどうでしょうか。
 これも高校の教科書の収録語数から割り出そうとしても、中学と違い、教科書で使用する語彙数にばらつきがありその数を出すことは難しいのです。 そこで書店に並ぶ単語集の類にある収録語数を見ると、標準的な語を集めたものはだいたい見出し語が1000から2000語くらいを基準に編集されているようです。 これらに先に触れた中学必修単語や『中学と高校の学習の狭間にある語』を加えた2500語から4000語ほどが標準的な高校生が知っている語彙数になるかと思います。 現実の出題と照らし合わせた印象から見てもセンターレベルくらいの標準的な大学入試ならほぼ間に合う語数ではないかと思います。

前のページへ 次のページへ もくじへ   トップページへ