eigo21トップページへ 休憩室 休憩室へ  


2 スコーパのルール
 二人ずつのペアが2組になってやるスコパーネ(scopane)というのもありますが、ここでは二人でするスコーパの説明をします。 今回ダウンロードするのもこの二人でするタイプです。
 ではスコーパのルールを紹介しましょう。
 1 各自にカードが3枚(持ち札)配られる。
 2 場にも表向きに4枚カード(場札)が並べられる。
 3 1枚の場札と同等の価値のある持ち札を1枚、または場札2枚以上組み合わせると同等の価値になる持ち札1枚出し、その場札を取る。
この場札はもちろん持ち札も取り札となって、あとの計算の対象になる。
  例: 場札[1][5][7][Re(10)]
            持ち札[2][5][Cavallo(9)]  
            → 持ち札[5]を出して場札の[5]を取る。
  例: 場札[4][5][7][Re(10)]
     持ち札[2][6][Cavallo(9)]
            → 持ち札[Cavallo(9)]を出して場札の[4]と[5]を取る。
 4 たとえ3のケースで場札を取ることができても、取る取らないはプレーヤーに任される。 ただし、一度、場札を取ることができる持ち札を場に出したら、その場札は取らなくてはいけない。
 5 持ち札で場札を取る際の注意点
注意1)持ち札と同等の場札が2枚以上あっても取れるのは1枚だけ。
注意2)持ち札で取れる場札の組み合わせが複数あっても取れる組み合わせは1つだけ。
  例: 場札[2][3][4][7] 
            持ち札[5][6][Fante(11)] 
            → 持ち札[5]を出して場札の[2][3]を取るか
       持ち札[6]を出して場札の[2][4]を取るか
       持ち札[11]を出して場札の[4][7]を取るか
       どれか1つだけ許される。
注意3)持ち札1枚で場札1枚取れる場合と、場札2枚以上取れる場合があるとき、場札1枚取る場合が有効。
  例: 場札[2][3][5][7] 
            持ち札[5][6][Fante(11)] 
            → 持ち札[5]を出して場札の[5]を取る。
       場札の[2]と[3]を取ることはできない。
 6 場札を取ることができない場合は、適当な持ち札を表向きにして場に捨てる。これは場札となって、以降のゲームで使われる。
なお 4 に触れたようにたとえ場札が取れても、故意に持ち札を場に捨ててもいい。 例えば、持ち札に2つ[7]がある場合に、1枚の[7]を捨てて場札にし、相手がそれを取らずに自分のプレイの番が来たとき、持ち札のもう1枚の[7]を使って、場札にした[7]を取ってもかまなわい。こうすることで2つの持ち札が取り札に代わり、あとの計算で有利になることもある。
 7 1回のプレイで場札を全部取ることができた場合、『スコーパ』と言って、特別の得点が与えられる。

   以上のことを交互にして行く。(当然、プレイが進むにつれて、初め4枚だった場札の数は増減する。)

  持ち札がなくなれば(つまり3回終わると)また持ち札が3枚配られ次のラウンドに入る。結局カードがなくなるまで6ラウンド行なうことになる。
 前のラウンドに残っている場札は、次のラウンドに持ち越されるが、最後のラウンドに残った場札の中で、絵札のみは1番最後に勝った側のものになる。
 
 
 次のページへ    スコーパのトップへ