eigo21トップページへ 休憩室 休憩室へ    リストへ

No.5 他人の生活

 ワーブロさえ打てれば誰でも簡単にサイトを立ち上げられ、更新も楽。 しかも固定客をつかみやすい。
 それが日記サイトです。
 今回はその日記サイト--というより、日記系のポータルサイト--の紹介です。 

 日記サイトは大きく2種類に分類できるのではないかと思います。
 1つは完全に個人が独立したサイトとして立ち上げているもの。
 もう1つは掲示板のように運営者が設けたスペースを借りるもの。
 住居にたとえれば、前者は一戸建て、後者は集合住宅に相当するでしょう。 
 前者がレイアウトなど自由に設定できる個性を出すことができる反面、他者がアクセスする機会や訪問者の反応をつかむ機会が少ないのが問題です。 
 一方、後者はワープロさえ打てればホームページを作る面倒はなく、他者からのアクセスも容易ですが、ホームページの造りに独創性は発揮できません。 あくまでも1つ屋根の下の日記という感じ。 しかしたこちらのタイプは日記を見た第3者のコメントを書くというオンラインならではのフィードバックのサービスがあるのも特徴です。
 

 どちらにせよ海外の日記を読むと、使う言葉は違っていても同じ人間であるという当たり前の事実を再認識するとともに、住むところが違うと生活も違うのだという、これまた当然の事実を知ることができます。
 特にネイティブの英語は普通の口語英語なので生きた英語の勉強には申し分ありません。 ただしいわゆる学校文法からはずれた文が多いので注意。 たとえば、look forward to が look forward for になっていたり、why to不定詞なんて掟破りの構文があったり、綴りのミスなど日常茶飯事です。
 個人的には10代の書く英語がいかにもその年らしい感じでおもしろく好きです。 日本の若者もそうですが、彼らも既存の言葉を自由に壊して楽しんでいるところが興味深いのです。 例えば「私は」 の I は i と書くのは特にインターネットの世界では当たり前になりつつあるが I'm を im 、 I'll を ill と書くのを見るとほーっと感心してマネしたくなります。 仕事柄そんなことはしたら×ですが・・

 

Yahoo Individual journals and diaries
(ヤフー・個人の日誌と日記)
The Open Diary
(オープン・ダイアリ)
The Diary Project
(ダイアリ・プロジェクト)
Diary Land
(ダイアリ・ランド)
Digital Expressions
(ディジタル・エクスプレッション)
My Diary
(マイ・ダイアリ)
Radio Diaries
(ラジオ・ダイアリ)
     

surf bar

Yahoo Individual journals and diaries
(ヤフー個人の日誌と日記)
 一戸建て型日記サイトを集めたページ。 簡単なサイト紹介がある。
膨大な数だが、人気のあるサイトは特別枠になっているのでそれをブラウズするのもいいかもしれない。 
おすすめ度★★★★

リストへ戻る

     

surf bar  

The Open Diary 
(ジ・オープン・ダイアリ)
 集合住宅型。
 トップページではランダムに日記の抜粋を載せているが、さらに、editor's choice があったり、日記の投稿者を年齢や日付、さらに世界各地によって分類してあるのが特徴。 もちろん日本もある。
ただし必ずしも投稿者がその場所に住んでいるとは限らない。 というよりアメリカに住んでいながら他国から日記を発信しているアメリカ人とおぼしき人物が非常に多い。 目立たせるためなのかふざけているのかこの辺の事情は不明。  
 トップページの上に the first interactive diary community on the Internet.とある。 歴史がある分、同類のサイトより日記を掲載している年齢や国籍の幅は大きい感じがする。
おすすめ度★★★★

リストへ戻る

     
surf bar

Diary Project
(ダイアリ・プロジェクト)
 集合住宅型。 
ここの特徴は性別・年齢の分類の代わりにトピックスの分類がされていること。(Diary Entry) トピックスは差別、友だち、外見、宗教、学校など19にわかれている。 したがって日記というよりどちらかというと掲示板に近い感じ。 比較的まじめな内容が多い。
おすすめ度★★★★                            

リストへ戻る

     
 surf bar Diary Land(ダイアリ・ランド)
 集合住宅型。
 トップページからしていかにも少女趣味の世界。
 好きな音楽、映画、作家という項目のある作者のプロフィールがあることと、日記を書いているときの気持ちをアイコンで表示しているのが特徴。 ただし日記の作者名をアルファベット順になっているだけで年齢や性別、テーマなどの記載がないのでどれを読めばいいのか選択に困る。
おすすめ度★★★

リストへ戻る

     
surf bar

Digital Expressions
(ディジタル・エクスプレッションズ)
 集合住宅型。
 トップページに最新の日記の触りがあったり、ランダムに日記のクリック先を表記したりしているので、拾い読みするには便利。
 個々の日記を見るには Diary Index をクリックする形になっている。 こちらは性別・年齢などが記載されている。 投稿者はほとんどアメリカの若者という感じがする。
おすすめ度 ★★★

リストへ戻る

.

surf bar

My Diary
(マイ・ダイアリ)
 集合住宅型。 年齢と作者それにエントリ数、そして過去24時間以内に更新した日記という項目から検索できる。
  特徴は日記以外に Question of the Week という一種のアンケートがあること。
 
おすすめ度 ★★★

リストへ戻る

.

surf bar

Radio Diaries
(ラジオ・ダイアリーズ)
 これは日記サイトではなく、一般の人(といっても普通の人生を送っていない人)がマイクを貸して語らせるというアメリカの公共放送機構が製作したラジオドキュメント番組のオンライン版。 リアルオーディオによる音声とともにスクリプトがあるのでリスニングの教材になる。 (ただしかなり高レベル。) 
 内容はプロの製作したものだけあってドラマとか映画に近い世界が堪能できて卓越している。 例えばある日突然父親がFBIに逮捕された高校生の話(RealAudio) この高校生が生まれる前に父親が傷害事件を起こし、逃亡生活を送っていたらしい。 テープは服役後、再び社会復帰したある日に、この高校生の家庭で録音したテープで、随所に一家団欒のノイズやら元バンドにいたという父親によるギターの弾き語りが入っている。 
おすすめ度 ★★★★★

リストへ戻る