eigo21トップページへ  休憩室へ



本館もくじへ  別館もくじへ  新館もくじへ



z05  
 Dreadlock Holiday    (10cc)
 トロピカル・ラブ   (10cc)   
1978
     原詞・訳詞  
この歌の舞台はジャマイカ。  旅行に来た若者が悪い現地人にカツアゲされるという変わった内容の歌詞を持っています。
この歌の面白いところは 強ぶって「ジャマイカなんか嫌いだ!」と言った後で「いやいや,本当は好きです。」みたいに小心者になってしまうこと。
なお最後の節の 
And I say, don't like Jamaica,
Oh no, I love her.
の her はジャマイカを指しているとともに, 
歌詞のところどころにそれを思わす語が見えます。ピニャ・コラーダを売った女性をさしているとも取れます。


■ dreadlock(s) =ドレッドロック(ス)。  ラスタファリアン(Rastafarian = ジャマイカの黒人を神に選ばれた者としてアフリカ回帰を唱えるラスタファリ運動の信奉者)が好む, 縮らせた細く編んだ髪を四方に散らしたヘヤスタイル。 この歌ではジャマイカそのものを言っていると見ます。


■ reggae = レゲエ。  言うまでもない西インド諸島独特のリズムの音楽。


■ criket = クリケット。  イギリスから渡ってきたが, 今ではジャマイカの国技になっているスポーツ。


■ piña colada = ピニャ・コラーダ。 ココナッツやパイナップル・ジュースを使ったラム酒ベースのカクテル)


さて『アイム・ノット・イン・ラブ』と同じくこの歌も口語表現が使われています。

【口語表現集〜 I'm Not In Love 編】
walk 〜 through    本来はリハーサルをして〜を練習すること。 ここでは話を最後まで聞くという感じに取りました。
cramp me style   人の能力を発揮するのを邪魔する
queer me pitch   人の機会・計画を台無しにする
You got to be joking.   冗談でしょ。
hear 〜 out         〜の話を最後まで聞く


アイム・ノット・イン・ラブ へ