もくじへ

サウンド・オブ・サイレンス  サイモンとガーファンクル
本文

Hello darkness, my old friend
I've come to talk with you again
Because a vision softly creeping
Left its seeds while I was sleeping
And the vision that was planted in my brain
Still remains
Within the sound of silence
暗闇君,こんにちは。
また話に来たんだ。
なぜって幻がそっと忍び寄って
寝ている間に種を置いて行ったんでね。
僕の頭に植えた種は
まだ芽吹いてもいない,
沈黙の音の中で。

In restless dreams I walked alone
Narrow streets of cobblestone
'Neath the halo of a street lamp
I turn my collar to the cold and damp
When my eyes were stabbed by the flash of a neon light
That split the night
And touched the sound of silence
目くるめく夢の中で僕は1人で歩いていたんだ,
古い石畳の狭い通りを。
街頭の灯りの下
僕は冷たい霧に襟を立てる。
僕の目にネオンの光が突き刺さった時
それは夜の闇を割いて
沈黙の音に触れた。

And in the naked light I saw
Ten thousand people maybe more
People talking without speaking
People hearing without listening
People writing songs that voices never shared
No one dared
Disturb the sound of silence
裸の光の中に見えたのは
一万人かそれ以上の人達。
口もきかずに話している人達。
耳もかさずに聞いている人達。
声が出る幕のない歌を書いている人達。
だれも勇気を出して
沈黙の音を破ろうとしない。


"Fools," said I, "you do not know
Silence like a cancer grows
Hear my words that I might teach you
Take my arms that I might reach you"
But my words like silent raindrops fell
And echoed in the wells of silence
「馬鹿者め」僕は言った「知らないのか。
癌みたいに沈黙は広がっていくんだ。
教えてやるから僕の言葉を聞くんだ。
君たちに手を差し伸べるから僕の腕をとるんだ。」
でも音をたてない雨粒みたいに僕の言葉は落ちて行き
こだました,
沈黙の井戸の中で。

And the people bowed and prayed
To the neon god they made
And the sign flashed out its warning
In the words that it was forming
And the sign said "The words of the prophets are written on the subway walls
And tenement halls "
And whispered in the sound of silence
そして人々は頭を垂れ祈る,
彼らの作ったネオンの神に。
そしてネオンは警告の言葉を映し出す。
ネオンが作り出した言葉は
こう言っていた。「預言者の言葉が地下鉄の壁に書いてある。
安アパートの玄関にも。」
そしてネオンは何やらささやいた,
沈黙の音の中で。

訳: HideS