もくじへ

ミスター・ボージャングル   ニッティ・グリッティ・ダート・バンド
本文

I knew a man Bojangles and he danced for you
in worn-out shoes
Silver hair and ragged shirts and baggy pants
The old soft shoes
ボクが知っているボージャングルさんはみんなのために踊るような人だった。
擦り切れた靴でね。
白髪とボロボロのシャツとダブダブのスボン。
古いタップダンスの靴。


Jumped so high, jumped so high
Then he lightly touched down
おじさんは高く跳んだ, 高く。
そして軽やかに着地した。


I met him in a cell in New Orleans,
I was down and out
He looked to me to be the eyes of age
as he spoke right out
おじさんとはニューオリンズの留置所で会ったんだ。
ボクはどん底だった。
おじさんは年季の入った目で世の中を見ているようだった。
堂々と意見を言ったりすると。


He talked of life, talked of life
He laughed, slapped his leg and stepped
おじさんは人生を語ってくれたんだ。 人生を。 
笑ったり,脚をぴしゃりと叩いたり,ステップを踏んだりして。


He said his name, Bojangles, then he danced a lick
across the cell
He grabbed his pants, a better stance, oh, he jumped so high
Then he clicked his heels
「名前はボージャングル」と言うとおじさんはちょっと踊った。
留置所の端から端までね。
ズボンをつまみ,立ち位置を変えると 今度は高く跳び
それから踵と踵をカチッと合わせた。


He let go a laugh, he let go a laugh
Shook back his clothes all around
おじさんは声を上げて笑った。 声を上げて。
そして乱れた服を後ろに払った。


Mr. Bojangles, Mr. Bojangles, Mr. Bojangles, dance
ボージャングルさん, ボージャングルさん, ボージャングルさん, 踊って。


He danced for those at minstrel shows and county fairs
throughout the South
He spoke with tears of fifteen years how the dog and him
had traveled about
おじさんは旅芸人のショウや郡の祭りに来る人たちために踊ったんだ。
南部じゅうでね。
そして涙ながらに話したんだ 15年間の犬とおじさんの
旅回りの暮らしを。


His dog up and died, up and died
After twenty years he still grieves
愛犬が突然死んだんだ。 突然。
20年経ってもおじさんはまだそのことを悲しんでいる。


He said, "I dance now at every chance in honky-tonk
for drinks and tips
But most time I spent behind these county bars
'Cause I drink a bit ."
おじさんは言った。「安い酒場で機会があれば踊っているよ。
飲み代やチップ 目当てさ。
でもほとんど郡の留置所にいるけどね。
ちょっと飲みすぎるんだよ。」


He shook his head, and as he shook his head
I heard someone ask him “Please, please,
おじさんは頭を横に振った。 そうしたら
だれかがこう頼むのが聞こえた。 「どうかお願いだから


Mr. Bojangles, Mr. Bojangles, Mr. Bojangles, dance."
ボージャングルさん, ボージャングルさん, ボージャングルさん, 踊ってください。」

訳: HideS