eigo21トップページへ  休憩室へ



本館もくじへ
  別館もくじへ 新館もくじへ



102   Forever Autumn       (Vigrass & Osborne) 
 秋はひとりぼっち     (ビグラスとオズボーン)
1972
    原詞・訳詞  
日本でだけヒットしたアチラの曲のひとつがこの 「秋はひとりぼっち」。
曲調と言い, アレンジと言い, 2人の声質と言い, こりゃ日本人のために作りましたといわんばかりの曲です。 
そして何より邦題「秋はひとりぼっち」。  
「ひとりぼっち」なのは「秋」なのか。 それとも「秋は」は主語ではなく「秋には」という意味の副詞で「ひとりぼっち」の主語はここにない「私」なのか? 
この余韻のある曖昧さが曲に合って, 邦題のつけ方は満点です。


日本独自のヒット曲ゆえにこの曲ならびに歌っている二人についての情報はウエッブ上には極端に少ないのです。 ただアチラでは元ムーディ・ブルースのジャスティン・ヘイウォードが歌ったらしく歌詞自体はウエッブ上に浮いていました。 


作曲とプロデュースはジェフ・ウエイン。 デビッド・エセックスと言う人のプロデュースをしたりイギリスのCMソングの作曲を多く手がけた人らしいです。
作詞担当はポール・ビグラスとゲイリー・オズボーンで, ビグラスは『恋のほのお』のエジソン・ライトハウスのボーカル担当。 ただし『恋のほのお』のボーカルはトニー・バロウズが担当し, ビグラスになってからのエジソン・ライトハウスは『恋するペトゥラ』『涙のハプニング』などのヒット曲が出たようです。
ゲイリー・オズボーンはエルトン・ジョン('Blue Eyes', 'Part Time Love' , 'Little Jeanie' )やアルバート・ハモンド('Shoot ‘em up, shoot ‘em down', 'Before you change the world') にも詞を提供したり, アリス・クーパー, クリフ・リチャードなどのバック・コーラスを担当したりしました。


         


ところで今これを書いているのは8月の初旬。 まだ秋には早いのになぜ今この曲を登場させたのか。
ホームページをアップロードして検索エンジンに登録されるまで1ヶ月ほどかかります。 だから今アップロードすれば秋風が吹き始める頃に検索するとちょうどいい按配となるのです。


秋風が吹く。

「秋。。 そう言えば『秋はひとりぼっち』って曲があったっけ。」

検索する。

「おお,こんなところにある。 しかも訳詞までついている。」

『お気に入り』に登録する。

暇なときに別のコンテンツも見る。

「なにこれは千葉の英語塾のサイトだったのか。 そう言えば千葉に英語のできない大学受験を目指している甥がいるが, あの子に紹介してあげよう」。

その甥が入会する。。


そう, 「秋風が吹けば英語塾が儲かる」方式を狙ってるのですわ。 アハハ。