eigo21トップページへ  休憩室へ

 古いタンスの引出しから出て来たこんなもの, あんなもの
前のページへ最初のページへ
1980年ころ, 国内や海外のラジオ放送を受信するBCLとかDXブームというのがありました。  ラジオ放送を受信しSINPOとかいう独自の受信状態を表示法にしたがって放送局に受信報告をするとベリ・カードという受信証明書を発行してもらえるのですが, これらを集めるのを趣味とする人たちがいました。

 
私が一時期ハマッたのは, 中波による海外放送受信です。 ふつう海外放送は短波放送で受信します。 中波で聞こえる放送局は国内かせいぜい韓国, 中国, (当時の)ソ連程度です。 しかしループ・アンテナという特殊なアンテナを使い, 国内の放送が使っていない周波数に合わせると結構遠くの国の放送局が受信できたのです。
中波放送の魅力は短波と違い1度波を捕まえると安定した音が聞こえることと,番組が地元向けなので, 短波放送にある海外向けの堅苦しさや胡散臭さがなく楽しめることです。


今はループ・アンテナはもちろんラジオそのものもない生活をしているので現在の中波のDXがどうなのかわかりません。 現在はNHKが終日放送をしているのでかなりきついのではないでしょうか。  それでも日本のラジオ局は月曜日の早朝に電波の送信を停止するのでこの時間帯なら今でもDXができるのかもしれません。 


ニッポン放送(1242MHz)が終わると私が聞いていたのは鶏の鳴き声で始まるフィリピンの放送局(DWBL)だったのですが, 今も聞こえるのでしょうか。 (日本でフィリピン系の言語が飛び交うようになるとはあの当時思ってもいませんでした。) もうひとつ記憶にあるのがインドネシアの北にあるベラウ(現在のパラオ共和国)の国営放送WSZB(1584KHz)。 現地語ののんびりしたDJとハワイアン風の音楽が聞こえてイイ感じでした。
そして1度だけタイ軍の運営する放送も聞いたことがありますが, タイの独自の節回しの歌謡曲が流れてきて楽しかったです。


私のベリ・カード・コレクション(こんな程度です。 実際は他にもたくさん中波局が聞こえたのですがベリ・カードはありません。)
 Radio Denmark (デンマーク) 15165KHz   22/12/1980
 WDR (旧西ドイツ・ケルン)  1593KHz    28/9/1981
この時カセット・テープに録音して局に送った放送の一部 
mps3 134KB)

女性のアナウンスのあと少年合唱団によるコーラス(ただしここでは前奏部の一部のみしか聞けません。)
 3XY (オーストラリア・メルボルン)    1422KHz    20/9/1981
 4BK Music (オーストラリア・ブリスベーン)  1296KHz  ?/6/1981
 2ZB  (ニュー・ジーランド・ウエリントン)  1035KHz   12/9/1981
この時カセット・テープに録音して局に送った放送の一部 
mps3 111 KB)
Elton John の歌のあと "Tweny minutes past six, today's weather in Wellington.  Fresh, normally .." というDJの言葉がかすかに聞こえます。
 Radio New Zealand  (ニュー・ジーランド)  1035KHz  12/9/1981
 1XP (ニュー・ジーランド)  1593KHz   ?/3/1981
 KUAM (グアム)   610KHz   15/12/1980
 SIBC (ソロモン諸島)   1035KHz   15/8/81
 香港電台 (ホンコン)   567KHz   ?/1/1981
 香港商業電台 (ホンコン)  1044KHz    10/2/1981
前のページへ最初のページへ