eigo21トップページへ  休憩室へ

 古いタンスの引出しから出て来たこんなもの, あんなもの
前のページへ次のページへ
音楽と言えば, 私は結構小さいころから洋モノが好きで小学生の高学年ころからはアチャラの曲聴いていてシングル盤なんかも買い求める少年でした。 故に雑誌なども洋楽ポップス系のを買ったりしていたのです。 この手の代表がこの『ミュージック・ライフ』。



 
68年69年あたりの『ミュージック・ライフ』は全部とっておいたのですが, あるときほとんどすべて捨ててしまいました。 残っていれば貴重な資料になったのかもしれないと今多少悔やんでいますが。




現在手元に残っているミュージック・ライフは '69年1月,3月,5月,7月,8月,10月,11月,12月;'70年1月,4月,6月; '78年8月号です。
参考までに’69年12月号のシングル盤とLP盤のレビュー記事12ページ分をスキャンして GIF 画像にしてみました。


なお60年代末から70年代にかけてのなつメロのページもあります。
こちらもどうぞ。





さて上の『ミュージック・ライフ』の表紙の人物は,左の1969年1月号はスコット・ウォーカーという当時のアイドル, 右の1969年12月号は今でも活躍しているエリック・クラプトンです。 


下は12月号のウラ表紙の広告。 
ベンチャーズという60年代初期に活躍したバンドのベスト盤のカセット・テープがその広告の商品です。 タイトルにある宇宙旅行はこの年の7月にアポロ11号が月面着陸したことを受けての企画。 

前のページへ次のページへ