eigo21トップページへ 休憩室へ戻る
ミッシェルガンは、よい

これからこのページはどうしようかな,と思っているのですわ。
彼らの個人的な情報はまったくほとんど知らないまま, 図々しくもこんなページをウエッブ上に放り投げてしまっていたのでありますが, 今後もこのまま放りっぱなしにしておきましょう。


そうですねえ, 結局, オジサンなもんで最後まで生の彼らを見に行くことはできませんでした。 でも, ここ千葉なんですが, 彼らがツアーするときは千葉からスタートするみたいなこと聞いたことあるんで, そんな彼らが最後は幕張だったというのは千葉県民としてはちょっと嬉しいような。(別にボーカルの苗字とかけているわけではないでしょうが。。)


実を言うと, 彼らのCD全部持ってはいるものの, Casanova Said "Live or Die" 以降は, 封も切らずに聞いてもいない!!! 
好物のものは最後まで残しておくという心理, もしくは老後のために貯金するという心理, と同じくで, いつか聞こうと思ってそのままにしておいてある訳です。



いや本当に好きな人間はCDは3枚買うのだそうで。 1枚は普段聞くために, 2枚目はともかく大事に取っておくために, そして3枚目は売るために。
私はそこまでいかない。 ただ「何かのために」とってあるだけの話。


で, その何かは今なのだろうか。  いややっぱりあと2枚ずつ買ってからにしたほうがいいのか。。


個人的にはドラムが(人間的にも)一番良かったので, クハラ氏がバンド作ればそのCDは買うつもりであります。  

当サイトのコンテンツのPR


60年代後半から70年代(一部80年代)の欧米ポップスをいじくり回す  はここをクリック!



警告 



以下のページはある意味でどうでもいいページです。
まったく意味がありません。
時間の無駄になる可能性が十分あります。
それでもいいという方のみ
ここをクリック

そうでない方はどこか別のページへどうぞ。