eigo21トップページへ  休憩室へ     前のページへ  問題へ

 ついで英語で使う文字の使用頻度を知っておくことも問題を解くヒントになります。
 使用頻度による文字の順は以下の通りです。
e, t, a, o, n, i, r, s 省略 b, g, v, k, x, j, q, z
 問題を見渡してよく使われている文字は上の左側の文字群のどれかである可能性が高いのです。

  また -s, -ed, -er, -est, -ing などの語尾に注目することも重要です。   

 他に役立つのが th wh の文字の組み合わせです。 the, that, what, when, who, などの文を作る上で使用度数の多い語に使われているので、次に触れる文の構造との関連で解答を導くきっかけになります。

文字の構成以外に考えなくてはいけないのが文の構造です。 

例えば次のようなことを考えてみましょう。

  • クエスチョンマークで終わっていれば疑問文であるので最初に Do, Does, Did, Is, Have, Will などがあるのではないか
  • または What, Where, Why, How などの疑問詞があるかもしれない。
  • 一文字の語(つまり I か a )の後に何が来るだろうか。
    もし a なら名詞または形容詞+名詞だろうか。
  •  I なら動詞やcan will など助動詞が来る可能性が高い。場合によっては always とか never などの副詞かもしれない。
  • カンマの後に接続詞があるかもしれない。 その文が When , If などの従属接続詞で始まっていれば、カンマの後は接続詞でなく主語になる名詞・代名詞がある可能性が高い。
  • Be動詞の後はing形や過去分詞があるかもしれなし、名詞や形容詞かもしれない。

 などです。つまり日本語なしの整序結合英作文を解く感じです。 この意味でクリプトグラムは英文の構造を理解し、整序結合英作文を解く感覚を養う訓練にもなります。 

問題へ