eigo21トップページ  英語の勉強部屋 英語の自習室  学習相談室

英文法の質問箱もくじへ

英文法の質問箱
近い未来を表す be going to と進行形の違い
質問:


はじめまして、よろしくお願いします。
    近い未来をあらわすbe going to と be 〜ingはどう違うのでしょうか?
    私は今まで前者で貫いてきたのですが、後者をしきりに使う先生にあた
    ってしまったので困惑しています。


質問者: 匿名希望
学年・年齢: 19歳
性別: 男性
回答:


次の4つに分類して考えたらどうでしょうか。
(1) be 〜ing のみ  「意思のある近い未来。 その場で生まれた意志未来。」
(例)I'm leaving.    (急に思い立って)出かけるぞ。


(2) be 〜ing +時を表す副詞  「確定している未来・予定。」
(例)I'm leaving tomorrow.  明日出かける予定になっている。


(3) be going to のみ      「 ごく近い未来」
(例)I'm (just) going to leave.   (ちょうど)今出かけようとしているところだ。


(4) be going to +時を表す副詞  「前からあった意図。」
(例)I'm going to leave tomorrow.    前からそのつもりだったが明日出かける。

上の回答に対する質問者からのレスポンス:
丁寧な返答ありがとうございました。