eigo21トップページ  英語の勉強部屋 英語の自習室  学習相談室

英文法の質問箱もくじへ

英文法の質問箱
 分詞の形容詞的用法での分詞の位置(1語なのに後置される場合)
質問:


英検準1級の勉強をしています。


並び替えの問題です。
Logic is (      1      ).
(1) inferences / received / the act of / drawing / from information


解答は Logic is the act of drawing inferences from information received. となっています。そして「名詞を修飾する過去分詞received の位置に注意」と解説がありました。
 

私は Logic is the act of drawing inferences from received information. だと思ったのですが。


分詞の形容詞的用法では 普通修飾語が短ければ名詞の前におき、2語以上になると名詞の後ろに置くというように文法書で読んだことがありますがどうでしょうか。


質問者: P-□□
学年・年齢: 29歳
性別: 女性
回答:

過去分詞が形容詞に近い場合は 過去分詞+名詞 になり,過去分詞が動詞に近い場合はたとえその分詞が単独で使われていても 名詞+過去分詞 になる傾向があるようです。


よく 過去分詞+名詞 の例として fried chicken; a used car; a broken window; fallen leaves などが出てきますが, fried, used, broken, fallen が過去分詞というより形容詞として機能しているのです。 事実,手もとにある辞書にもそれぞれ形容詞として「油で揚げた」「中古の」「壊れた」「落ちた」という意味が掲載されています。


これらも動詞に近いと話者が判断するとたとえ過去分詞が単独で使われていても 名詞+過去分詞 の語順になります。


インターネットで見つけた文を例にして見ましょう。
 Cost of travel by car can only be claimed if the car used is insured for business use.
(車での交通費は使われる車が商用として保険がかけられていて初めて請求できる。)


その過去分詞が形容詞に近いか動詞に近いかは話者の判断に任せるしかないこともあります。
だから「同封の地図」なら  enlosed map も  map enclosed もほぼ同じくらいヒットします。 一方,問題の information received を分詞の形容詞的用法として検索して見ると received information もあるにはありますが数値的には圧倒的に前者が多かったのです。 
これは received が形容詞的というより動詞的である意識が働くからでしょう。


=======================================================


なお現在分詞に関しては単独で使う場合, 学校で習った通りに 現在分詞+名詞 であることが多いように思えます。


ただ, 『英語正誤辞典(研究社)』という本に  the +現在名詞+名詞 は誤りと断定できないにしても認識度が特にイギリスでは低いと主張する学者もいるという記述があります。
つまり The approaching train is from Liverpool. よりも The train approaching is from Liverpool. が正しいとみなされるようです。 
一方, 不定冠詞であれば名詞の前に現在分詞が置かれてもよいようです。
例 He was frightened by an approaching train.
これはあまり気にしなくてもいいように思えますが参考までに記しておきました。



上の回答に対する質問者からのレスポンス:
親切な説明をありがとうございました。いろいろ手元にある参考書を読んだので
すが、このような解説があるということを初めて知り、感激いたしました。本当
にありがとうございました。