eigo21トップページ 英語の勉強部屋 英語の自習室  休憩室  学習相談室  塾案内

このコンテンツのトップへ

 English Once Again  英語再入門
第3講 読解のための英文法(5)
Not only do these advances bring an important new understanding of how the universe evoloved, but they bring closer the realization of a dream that has haunted scientists for centuries
but から後について大切なことがある。
さっき英文を読める人は頭の中に英語の文の構造がインプットされていると言ったけど, そういう人は bring の後で一瞬戸惑う。
というのは bring は他動詞だから次に目的語があるはずと期待していたのに副詞 close の比較級 closer なんかがあるからだ。
り: これは目的語が後ろに回っている文でしゅ。
こういう文について『英文法の質問箱』で読んで知っているでしゅ。
そうだね。 
目的語は the realization だけど修飾語句が長いんで副詞の closer が先に来ているんだ。
り: もう一つ言っちゃうと that は関係代名詞でしゅ。
だから but から後は「それらは何世紀のあいだ科学者につきまとっていた夢の実現を, より近づける」となるでしゅよ。
う〜む, リコピン坊やはさすがに抗酸化作用がβカロテンより多いリコピンを含むだけあって優秀だね。
ちなみに私, 残りご飯とトマトを使う「簡単リゾットもどき」というレシペを考えたのだ。 ここをクリックしてみんさい。 


ということで今回の部分の日本語は
「これらの進歩のおかげで宇宙がどう進化したかについて重要で新しい理解が得られるだけでなく, 何世紀ものあいだ科学者につきまとっていた夢の実現を, より近づける。」となる。
次のページへ  前のページへ  このコンテンツのトップへ